[2021年]台湾の工業用パソコンメーカー時価総額ランキング一覧〜純利益と売上高まとめ

公開日:2021年2月14日
Pocket

台湾はパソコン産業がめちゃくちゃ盛んです。

 

そして実はこの業界、コンシューマー向けのパソコンの他に、工業用パソコン(industrial PC, IPC)というものも存在します。

そこで台湾の工業用PCメーカーの時価総額ランキングを調査しましたので、売上高・純利益とともにまとめました。

 

工業用PCはハードウェア的にはコンシューマーPCとほとんど同じですが、供給期間や対応環境温度などが違ったりします。

長期間供給される産業機械(例えば工作機械とか、産業用ロボット、半導体製造装置)に組み込まれることが多いです。

なので、組み込みPCと呼ばれることもあります。

 

ちなみに日本メーカーでは、日立・NEC・富士通・PFU・ソードがメジャープレーヤーです。

 

この内容をご覧いただくと、台湾特有の工業用PC業界が理解できるようになります。

上場している会社も多いので、今はやりの台湾株を選ぶ上でも参考になるかもしれません。

 

是非、最後までお楽しみください。




台湾の工業用パソコンメーカーの時価総額ランキングベスト10

さて、いきなりですが、台湾の工業用パソコンメーカーの時価総額ランキング一覧をまとめました。

ついでなので、売上高と税引後純利益も併記しました。

順位名称
(日)
名称
(中)
名称
(英)
時価総額(億元)
2021年旧正月前
売上(億元)
2019年度
純利益(億元)
2019年度
1アドバンテック研華科技Advantech2,697.9541.473.5
2イノコン樺漢科技Ennoconn237.6815.010.8
3エーディーリンク凌華科技ADLINK120.5105.04.4
4エーオン研揚科技AAEON101.361.45.5
5アイイーアイ威強電IEI89.756.06.7
6ディーエフアイ友通資訊DFI73.070.36.3
7アイベース廣積科技iBASE59.638.42.6
8アクショムテック艾訊Axiomtek43.547.44.6
9エーバリュー安勤科技Avalue35.661.44.6
10ネクスコム新漢NEXCOM35.272.12.3
ポートウェル瑞傳科技Portwell

(単位:億NTD)

銘柄選定は僕の独断で、日本語名も僕の勝手命名です

TWSE銘柄の情報はTradingviewより

TPEx銘柄の情報はMarketWatchより

台湾の工業用パソコンメーカー時価総額トップはダントツでアドバンテック(研華科技・Advantech)でした。

二位のイノコンの10倍の規模です。

 

日本ではこの業界はあまり有名ではありませんが、台湾では世界中のパソコンを製造しているだけあり、かなり有名です。

なので、台湾のテック企業に詳しい人にとってアドバンテック社はかなり有名だったりします。

 

アドバンテックの時価総額は約2700億元なので、以下の日本企業と同じくらいの規模といえます。

ヤフーファイナインスより

 

台湾の工業用パソコンメーカーの情報

次に、各社の概要をまとめました。

Advantech(アドバンテック)の概要

工業用パソコン業界の雄、台湾が世界に誇るアドバンテック社。

2019年に日本の大手電子機器製造オムロン社の子会社を買収。日本でも製造する機能を持ちました。

オムロン直方株式会社の株式譲渡に関するお知らせ

 

筆頭株主は華碩(ASUS)14.3%。

公式HP

Ennoconn(イノコン)の概要

筆頭株主は寶鑫國際投資34.24%(鴻海100%子会社)

公式HP

ADLINK(エーディーリンク)の概要

筆頭株主は液晶パネル大手の友達(AUO)19.45%

公式HP

AAEON(エーオン)の概要

筆頭株主は華碩(ASUS)29.7%
大株主は廣積(ibase)28.08%

公式HP

IEI(アイイーアイ)の概要

独立系

公式HP

DFI(ディーエフアイ)の概要

筆頭株主は佳世達(Qisda)45%

公式HP

Portwell(ポートウェル)の概要

振樺電と合併後100%子会社だったが、2021年に華碩(ASUS)が30%を15億元で取得。

公式HP

台湾の工業用PCメーカーまとめ

お気づきでしょうか、ASUSの息がかかっている会社が多いことを。

 

Advantechの株式約14%

AAEONの株式約30%

Portwellの株式30%

さらには、

iBASEの筆頭株主はAAEONで29.88%

Axiomtekの筆頭株主はAdvantechで5.57%

 

つまり、これ全部ASUSの関連企業なわけです。恐るべし。

ASUSって何者なの!というご興味をもたれた方はアニュアルレポート読みましょう。

面白いです。

併せて読んでほしい

台湾の金融機関の時価総額と売上・利益、事業内容の一覧

工業用パソコンの他にも、台湾は金融機関が非常に強いです。

なので、台湾の金融機関だけでまとめてみました。

 

台湾の半導体関連企業の時価総額と売上・利益、事業内容の一覧

工業用パソコンと相性のいいのは半導体関連企業です。

なので、台湾の半導体関連企業だけでまとめてみました。

 

台湾企業の日本法人一覧

日本に進出している台湾企業を調べました。

結構多く載せているので、職探しなどにどうぞ。

 

台湾企業のボーナスに関する法律

台湾企業は儲かった時に従業員に還元しないといけないという法律があります。

日本にはない面白い法律なので、ちょっと詳しく調べてまとめました。

 

台湾五大家族と台湾財閥情報

台湾財界を牛耳っている(と噂の)台湾五大家族について調べました。

ついでに、いわゆる財閥についても調査しました。

 

台湾の人口統計を細かく見てみた

台湾に住む人たちについて詳しく調べてみました。

台湾に住む台湾人のほか、外国人、特に日本人についてもまとめてあります。

 

 

ちなみに本文の株主データは富邦証券のページが非常にわかりやすいので参照しました。

また、台湾の企業情報は経済部が公開しているので、こちらも参考にしました。

 

あー、僕の持ってる株だけ上がらないかな~

ではまた!

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする