台北の小籠包で食い倒れた話

最終更新日

はいどうも、台北で小籠包を喰らう人です、こんにちは!牛肉麺から小籠包に改名しました。これからもよろしくお願いします。

ということで、昨日は一日かけて台北の小籠包を食べまくってきました!!これはすごかった!マジで食い倒れた!!

ツイッターで尋ねたところ多くのおススメ小籠包屋を教えていただけたので、まとめて行って来ました!

今回は昨日の1日を振り返りたいと思います!!

10:00 永康街の鼎泰豊からスタート

開始は永康街の鼎泰豊から。今回のパートナー、シェアハウス101の中の人と10時に待ち合わせしてスタート。


ということで、鼎泰豊で小籠包だけ注文。

二人のお客で小籠包1つだけを注文するのはアリなのかなー、と心配していましたが「は?小籠包1つだけ??」みたいなことは全く言われず、本当に小籠包1つと無料の烏龍茶だけ食べて店を出ました。

ちなみに接客してくれたのが韓国人の店員さん。先日来た時に日本人の店員さんがいたので「外国人の店員さんは他にもいますか?」と尋ねると(日本人の店員、まだ働いてるの?とは聞きづらかったので)、「外国人は私と他にもう一人の韓国人だけです」とのこと。日本人店員さん辞めちゃったのかな。

11:00 好公道金雞園

鼎泰豊で思いがけず並んでしまったので時間がかかりつつ、次のお店へ。こちらも永康街にあるので歩いて移動しました。

初めてのお店でしたが、イケてました。鼎泰豊にも劣らない美味しさでしたが、価格が鼎泰豊の半額でした。並ぶこともなく入れたので、ただ小籠包が食べたいだけであればこちらのお店もオススメです。日本人客も多くいました。

11:30 杭州小籠湯包

さらに歩みを進めまして、中正紀念堂近くにある杭州小籠湯包へ。到着するとびっくり、行列になっていました。まだ11時過ぎなのに!!しょうがないので並びましたが、ロスタイムが勿体無い。


ここは既に何度も訪れていますが、今回は特別美味しく感じました。豚肉の存在感が強くて、これだけ人気なのも頷けるなという感じでした。今回訪れるまでは「まあそこそこ美味しいよね」くらいのイメージでしたが、印象がアップしました。

個別記事はこちら↓

たまには鼎泰豊以外の小籠包を喰らう[抗州湯包]

12:15 盛園絲瓜小籠湯包

杭州小籠湯包のすぐ横にある盛園絲瓜小籠湯包へ。ここはツイッターのはげねこさんに教えてもらいました。ありがとうございました。


小籠包が美味しいのはもちろんですが、ほかにもイケてそうなメニューが一杯あったので近いうちに再訪したいと思いました。12時だったので行列ができていましたが10分程度で入れました。このお店も日本人多かったです。

13:00 黃龍莊

さらにさらに歩みを進めてルーズベルト路の反対側にある黃龍莊に向かいます。個人的にあまりこの辺りは来ないのでこのお店自体存じ上げませんでしたが、ツイッターでジョーハムさんに教えていただきました。


こちらではカニ小籠包を注文。ツイート内にもありますが、他の蒸し物もとても美味しそうでした。まだまだ知らないお店がいっぱいあるんだなー。牯嶺街にありますが、少年殺人事件は起こらないのでご心配なく。

個別記事はこちら↓

蒸し物が徹底的にうまい点心店で小籠包を喰らう<黃龍莊>

13:45 金品茶楼

MRTの中正紀念堂駅に向かい紅線で中山駅に向かいます。こちらは改め酒呑さんのオススメです。


このお店で初めて「えっ、小籠包だけ?」というプレッシャーを店員さんにかけられたのでたまらずビールを注文。気が弱いw

この後、14:30まで営業しているというお店に行きましたが、残念ながら時すでに遅し。しょうがありません。

行天宮でマッサージ休憩

この辺りはどこも夕方まで一旦閉店するので僕らも休憩をすることに。流石に徒歩移動が多く疲れていたのでマッサージ屋へ行こうとなりました。中山エリアには多くのマッサージ屋がありますが、これまであまり気に入ったことがなかったので、行天宮のお気に入りのお店へ。


ここはイケてます。ちょっと高いけど。
ついでに行天宮も冷やかし&トイレ借りました。


1時間のマッサージを受けた後、なぜか円山風景区に。


実はこの後に、おっㄜん+さんにオススメいただいた故宮のお店に行こうと思っていたんです。で、ちょうど通り道なので円山飯店の小籠包も食べようと言うことになり、さらについでにバスの停留所から歩いて円山飯店に行こうとなりました。円山飯店は山の上にあるんですよねー。

山登りしていると新しい発見も。


で、山登り、やって見てわかりましたが、マジできついので軽い気持ちでやらないほうがいいです。素直にタクシーかバスで円山飯店まで行きましょう!


ところが到着するも、小籠包にありつけないという悲劇。

さらに店員さんの態度があまりよろしくなかったので完全に意気消沈し、故宮という奥地に行く気も失せてしまい、市街地に戻ることに。おっㄜん+さん、せっかく教えていただいたのにスミマセン、別の機会で行きます。

18:30 蘇杭點心店


意気消沈の中、母湯熊さんオススメの蘇杭點心店へ。ここは僕も大好きで、何度も来ています。というか友人が台北に来るたびに連れて行きます。

個別記事はこちら↓

鼎泰豊超え!?台湾で一番おいしい!?小籠包を喰らう〈蘇杭點心店〉


安定の美味しさ。

ここまで来るといよいよゴールが見えて来ます。よく考えたら昼以降小籠包は食べていないのでお腹には余裕がありますが、油断しては限界が来てしまうかもという変なプレッシャーがあるので、緊張感が抜けません。しかしこれだけ食べても小籠包を前に出されるとしっかりお口の中がじゅるじゅるするので、小籠包は尊い!!

19:00 小上海

蘇杭點心店の50メートルくらい西にある小上海へ。


19:30 冠京華

ちょっと遠かったのでタクシーで移動してきました。

 

ここは小籠包だけで済ますはずでしたが、相席でとなりにいたおじさんが食べていたエビ焼売があまりに美味しそうだったので追加で注文しました。これが重過ぎて大変でした笑。おいしかったですよー。

20:00 禾順豊湯包館

もう食い倒れたから帰ろうかと思ったところ、9軒だったので、キリのいいところでもう一軒行くことにしました。

そこでツイッターで大久保麻梨子さんから教えていただいたところに行くことにしました。

で、到着したら本人いるっていうねw

まとめ

と言うわけで、1日で10軒まわり、96個の小籠包を食べました!これでもまだ食べられそうなので小籠包の魅力はやっぱり恐ろしいということがわかりました!!!今回の行程でも夕方に意味不明な山登りをしなければもっと行けていたと思いますし、お腹的にもいけるはずです。今回は二人で回ったので、仲良し四人組とかであればもっといろんな種類食べられますね!ということで、みんなも小籠包で食い倒れようよ!

おまけ

少人数では途中で心折れるかもと思っていたので、僕の数少ない台北友人であるNTUブログで有名な@amikawa氏とも10時に待ち合わせていたのに一向に連絡が来ませんでした。結局、寝坊していたらしく、なんと連絡きたのは12:51wwwwwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと前日のブログ執筆が捗り過ぎてしまったのでしょう。。

 

 

編集してたらまた小籠包食べたくなって来た

いやー楽しかったなー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする