たまには鼎泰豊以外の小籠包を喰らう[抗州湯包]

最終更新日

小籠包おいしいですよね

台湾に初めて来たとき、やっぱり鼎泰豐はいきましたよ。
それ以来、なんども行っちゃいますよね。たとえいくら混んでいても。
しかも今はケータイアプリで順番待ちとかもモニターできるようになりました。
昔は1時間くらい店の前で待っている必要があって、なかなか辛かったです。
私が初めて台湾に来たのは10年前の2007年ですが、あの頃は東門駅もできてなくて。
その後、いろんなところに鼎泰豐ができて、必ずしも永康街に行かなくてはいけないわけではなくなりましたが、やはり、友人なんかが来るとあそこで集合ね、となりがちですよね
美味しいし、高級感あるのにそれほど高くないし(現地生活者からしたら高いけど)
あそこを居酒屋がわりにつかってビール飲みまくって騒ぐのって、台湾きたなーって感じです
ただ、、、、

たまには鼎泰豐以外の小籠包も

ということで、台風9号が来る日の昼に、中正紀念堂の隣にある小籠包屋に行ってきました。
その名も「杭州湯包」。

杭州路にあるから!?

杭州路にあるからこの名前なのか、このお店があるからこの路が杭州路なのか、、、ま、いいや。

ここは妻が行きたいと言い出したので私は黙って付いて行きました。
佇まいは、上海にあるローカルチェーン小籠包屋の装い。
15分くらい待って入店しました。



安いんだか高いんだかよくわかりません。。(笑



近くのコンビニで買ってきた金牌。

本当は持ち込み禁止らしく、店員さんから「早く飲んで」って言われました。ごめんなさい。



でたー小籠包。普通に美味しいです。




このお店は実は、この焼き餃子が名物らしい。こちらも普通に美味しいです。インスタ映えします。

ふつうにオススメです

価格も良心的、地元感もある、不潔感もなく、外国人慣れ(日本人多し)してる。

なかなか行けてます。場所があまり便利でないこと以外はいいと思いますよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする