[台湾経済]台湾人が海外旅行を好きな理由〜政府統計で考察しました

最終更新日

Pocket

「台湾人は稼いでいようがいまいが海外旅行が好き。しょっちゅうどこかに遊びに行っていて羨ましい。一体どこから旅行費用や時間を捻出してるんだろう。。」

台湾に住んでいるとこんな声を聞くことが少なくありません。

確かに私もそのように感じていたので、ちょっと統計をみてみました。




台湾人は本当に旅行好きなのか統計をみて日本人と比較した

台湾の人口は日本の約1/5

僕自身が規模を理解しやすくするために日本との比較論にしてみます。

台湾人口:2,355万人(2017)

日本人口:12,700万人(2016)

台湾の人口
台湾の人口
日本の人口
日本の人口
google検索より

日本は台湾の約5.4倍の人口がいるということがわかります(=12700/2355万)

※年度・単位違いご容赦

台湾人の出国率がめちゃくちゃ高い

まずは比較用に日本から日本人がどれだけ出国しているのか調べます。

日本人の1年間の出国件数

「法務省の出入国管理統計統計表」でデータを見てみます。すると2016年に「17,116,420人」が出国したことがわかりました。

日本人の出国件数
日本人の出国件数

台湾人の1年間の出国件数

次に台湾から台湾人が出国した数を調べます。

「中華民国交通部観光局の歷年中華民國國民出國目的地人數統計」の統計を見てみると、2017年に「15,654,579人」が出国したことがわかりました。

台湾人の出国件数
台湾人の出国件数

台湾人は日本人の5倍、海外に行っている

上記の二つのデータから

日本人は13.5%(1712万/12700万人)

台湾人は66.5%(1565万/2355万人)

※のべ人数注意

つまり、割合的に台湾人は日本人の5倍、海外に渡っているということが分かります。

これは、、、、

多いですね(笑

台湾人の旅行先はどこなのか

先ほどの統計を見ていると、旅行先も分かったのでついでに見てみましょう。

先ほどのデータを渡航先でソートしてみました。

台湾人出国先
台湾人出国先

やはり日本が断トツに多いです。

母語が同じ中国より多く、台湾人からみて同じ「東北アジア」の韓国の約5倍です。

総出国数の日本行きの割合として29.5%。

イメージとしては、空港の出国レーンに並んでいる10人に3人は日本へ行くと。

※ただし、いったいどのように行先調査をしているのかまではわかりませんでした

日本人もやっぱり台湾好き

さらについでに、日本人の海外渡航における台湾の割合も調べてみました。

台湾人出国先
台湾に入国した外国人の件数

(参照:歷年來臺旅客按國籍分)

2016年の海外渡航者1712万(前出)

台湾訪問者の日本人数190万

計算すると11.1%(≒190万/1712万)

イメージとして、成田空港で出国レーンに並んでる10人に1人は台湾行ってるわけですね(雑

やっぱり日本人も台湾が好きなようです。

台湾人が多く海外に行く理由はなぜなのか

台湾人が海外に行く理由は何なのでしょう?

日本の政府観光局のデータによると、訪日台湾人のほとんどは観光です。

日本に観光しに来る人たち

日本に入国した人たち

(参照:国籍/目的別 訪日外客数)

台湾人が他の国へ行く場合も恐らく同じような割合(つまり、観光旅行)でしょう。

結局想像でしかありませんが、台湾人が海外旅行を多くする理由は、以前僕がツイートした通りかなと思っています。

実際、台湾だと地理的にケチれば費用掛けずに旅行できるんですよね。

↓去年毎月海外に出た僕の航空券費用を公開しています

気の合う仲間と海外で現地集合して、海とお酒を楽しむようなセレブリティになりたくない?

でもやっぱり気になるので今度からは友達に聞きまくってみよう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする