ANAの海外在住日本人向け13000円均一の国内線価格が得!

最終更新日

ANA、海外在住日本人向けに国内線の均一価格やってるの知ってます?
使い方によっては非常に便利なんですが、ツイッターでつぶやいたところ「知らなかった!」という反応が多く、また実際に予約してみたところ非常に煩雑だったので注意点を解説します!
※JALにも似たのありますが、僕はANA党なのでANAのみの解説です、ゴメンなさい!

海外在住なら知っておいた方がいい制度

全日空のビジットジャパンというチケットがあります。概要は以下の通り。
無題
海外在住日本人向けで、1度の帰国で5路線まで購入できます。
利用条件は以下の通り。
1
詳しくはビジットジャパンのウェブページをご覧ください。
これを使うと、例えば東京→那覇なんて3万円くらいするのに13000円で購入できちゃいます。
4
普段の予約画面はこんな感じ

予約が微妙にとっても大変

実際予約してみたところ、大変手間だったので共有します。この航空券買う人ほとんどいないのかネットでも解説されてないし、そもそも予約センターの人も条件を把握してないです(笑

予約の流れ

1、海外の支店に申し込む
2、海外から日本への往復チケットの有無を確認される
3、登場希望の日付と便名を告げる
4、料金計算後電話がかかってくる
1、海外の支店に申し込む
最寄りのANA支店をこちらから探して、連絡します
台湾の場合はチケットカウンターがないので、電話をする必要があります。
2
「日本語対応してくれないのかよっ!?」と思いましたが、日本語対応希望の方はこちら(00801-81-4750)に。この番号にかけると、日中なら日本人が対応してくれます。
2、海外から日本への往復チケットそれぞれの予約番号、Eチケット番号を伝える

● 航空券購入時および搭乗手続きに海外居住者を確認できる証明書(パスポート、運転免許証など)と国際航空券、または国際線予約番号の確認できるものをご提示願います。

の文言通り、往復チケットの予約番号、Eチケット番号が必要です。
これがなかなかの曲者で私の場合もめにもめました。
当初バンコクからタイ国際航空で日本に入り、その後札幌からスクートで台湾に帰る予定を告げました。タイ国際航空の予約番号・Eチケット番号は問題ありませんでしたが、スクートのEチケット番号がどこを探しても見つかりませんでした。なので正直にオペレーターに見つかりませんと告げたところ、「それでは予約は承れません」と却下されてしまったのです。困った僕はスクートに電話しました。(日本の電話番号につながらなかったので中国語で台湾に問い合わせました)すると、スクートの答えは「うちはEチケット番号だしてません」とのこと。今度はその回答をもってANAに再度連絡すると「そういうことであれば仕方ありませんので、予約を受け付けます」とのこと。そして、「料金計算をして翌日15時までに連絡します」と告げられました。翌日の15時まで!?21世紀にこんなことやっているみたいです。
翌日、電話はかかってきましたが、ここでもひと悶着がありました。「お客様、昨日タイ国際航空の予約を確認させていただき問題ないと申し上げましたが、日本発着の便なのでこちらの予約は承れないことになってしまいました」と言われてしまいました。Eチケット番号で予約の詳細を調べられて、日本→タイ→日本というチケットにケチがつけられたのでした。結局、当初希望していた日程では購入できないことがわかり、別の日程を提示しました。
3、登場希望の日付と便名を告げる
海外から日本への往復のチケットが問題なかった場合、予約ANAの国内線の予約ができます。あらかじめ空席を探し、希望の便を選定しておきたいところですが、ビジットジャパン専用の予約枠があるとのことで、ネット上で空席があったとしてもビジットジャパン価格で予約できないことがあるようです。候補は複数持っておいた方がいいかもしれません。
4、料金計算後電話がかかってくる
予約に問題がなければようやく料金支払いです。「翌日の15時までに」電話がかかってきます。そこでクレジットカードなどで支払います。その後はメールで確認書類などが送られてきます。
搭乗時には一応再度往復の航空券、居留証などを確認されるらしいので、また改めて情報更新します。

実際にかかった費用

13000円均一ではありますが、予約手数料が必要です。(参考:予約手数料一覧)因みに台湾は780NTD。さらに、日本入国・出国から24時間以内であれば13000円に消費税は不要ですが、それ以上の時間が空いている場合消費税が加算されます。また各空港使用料も別途発生します。私の場合は全て込みで8132NTDでした。
3

まとめ

予約は面倒ですが、とにかく安いです。
今回私は那覇→札幌、仙台→那覇で航空券をとりました。
今ざっと確認したところ割引価格で那覇→札幌は23800円、仙台→那覇は19300円でした。
これは一か月前以上の割引価格ですが、ビジットジャパンは空席がある限り直前でも予約できるようなので、使いようによっては絶対に得です。しかも地味にマイル積算率100%です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする