台湾の入出国記録を取得する方法

最終更新日

Pocket

入出国記録はいどうも、台湾で入出国記録を請求した人です、こんにちは。

ところで皆さん、台湾に何回入国したかなんて覚えてます?

記憶をたどったり、パスポートのハンコの数を確かめてみる方法がありますが、実は台北の小南門にある移民署、ここで「台湾の入出国記録(中文:入出国日期証明書)」が発行できます!

今回はその方法について解説します。

台湾の入出国記録とは

入出国記録

僕たちの台湾に「入国した日付、出国した日付」が台湾政府によって記録されています

その記録は台湾現地居住者か旅行者に関係なく誰でも請求し入手にすることができます。日付と同時に回数も示されているので「何回目の来台がいつからいつまで」というのを、全て同時に見返すことができます。

ビザの申請などで必要になることがありますが、単純に思い出を振り返るということだけの理由でも取得することができます。

ちなみに僕のは上の画像の通りです。

1ページに40件の記録が記載されるようです。僕は合計45回だったので2ページに渡る記録を交付してもらいました。

台湾入出国記録の申請方法

移民署の様子

台北の場合だと、小南門にある「中華民國內政部移民署臺北市服務站(通称:移民署)」の地下一階で発行することができます。

住所:臺北市中正區廣州街15號

請求方法は非常に簡単です。

エスカレータをおりてすぐ目の前の係の人に申請書類をもらい、順番待ちカードをもらいます。居留証のフロアとは違い、係も暇そうにしていた(待ち0人でした)ので、申請書類記入も含め、5分程度で出てきました。

台湾入出国記録に必要なもの

①パスポート原本

②パススポートコピー1部

③申請書1部

④申請費用100元

たったのこれだけです。

パスポートコピー

コピーは持参しなくても、現地にコピー機があるので現地で入手することができます。

1枚2元です。

入出国日期証明申請書の書き方

入出国記録申請書の書き方入出国日期証明書の申請書を記入します。

記入する部分は①②⑤だけです。内容は上記の通り。

②の期間は、全ての記録が欲しければ、下の□に✔︎して、初めて台湾に来た年を記入すればOKです。

⑤の記録の用途は基本的になんでもいいです。僕は「紀念」と記入しました。

※ちなみに日本語の「記念」は中国語で「紀念」です、が書き間違っても大した問題じゃないです。

申請費用

1通100元です。記録を出してもらったらその場で支払います。

台湾の入出国記録まとめ

この記録、しっかり見てみると過去の来台記憶が蘇ってきて非常に面白いです。

僕が初めて来た年には台湾が好きすぎて3か月おきに通い、就職して1年空けつつも何とか半年に1度のペース。会社を辞めてワーキングホリデーしていた時のことや、東日本大震災のときには台湾にいたこと、帰国後も年に2,3回はたったの2,3泊でもしっかり台湾に来ていた(しかもこれは今の奥さんに会いに台湾通いしてた)ことを改めて思い出したり。。。台湾が好きになって通うようになると「僕はもう既に10回も台湾行ったことあるんだよね」「あら私なんて20回よ」みたいな会話をする機会もあると思いますが、パスポートでハンコを数えるより便利だし、公的機関の記録なのでなんかかっこいいです!

自分と台湾の関係を思いがけず振り返れて、ちょっと感傷的になりました!みんなそれぞれ色んな思い入れありますよね!

西門あたりにお越しの際は、旅の記念として申請してみては???

 

ついでに、ちかくに美味しい牛肉麺屋あるので、お時間あればどうぞ。

台北移民署近くの安くて美味しくて上品な牛肉麺を喰らう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2件のフィードバック

  1. いいですね〜、訪台履歴書!
    自分の思い出が公的書類に……♡
    ちなみに私の訪台、決定しました!5月6日から3泊4日の予定です。今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする