台北郊外にある旧金山総督温泉は、眺めがよく建物がおしゃれで人も少ない穴場だった

最終更新日

はいどうも、台湾で温泉に入ってる人です、こんにちは。

実は結構温泉好きなので、日帰りで温泉行ってきました。今回は北投でも烏来でもなく陽明山の向こう側にある金山というエリアの温泉。なかなか良かったのでまとめました!




旧金山総督温泉とは

旧金山総督温泉(舊金山總督溫泉)、、、、

調べてたら公式ページに日本語ページがあって、結構何から何まで詳しく書いてあったので、そちらをご覧ください!

リンク:旧金山総督温泉公式日本語ページ

旧金山総督温泉の様子

とういうわけで、公式ページをご覧いただいたら結構なんでもわかっちゃうんで、僕ごときがまとめる必要はないような気もしたんですが、どうせなんで現地の写真を貼りまーす。

現場近くにあるモニュメント。

これが正面入り口。おしゃれですね!!

入り口を入るとカウンターがあります。
4階建で、それぞれが独立しており、どの階の施設を使用するか指定する必要があります。

僕たちは四階の露天風呂を選択。土日は350元でタオル付き。時間制限なし。

恋人向けの「情人池」、家族向けの「貴賓池」もある様です。

タオルもおしゃれです。

僕たちは階段で四階まで向かいます。

いい感じの廊下。

露天風呂は撮影禁止

で、露天風呂。全裸風呂のため撮影禁止ということで写真は公式HPから。
この画像でおわかりいただけますが、太平洋が眼前に広がって開放感がとんでもないです。交通の便が絶妙なのでお客も少なめで快適。温泉は黄色くてしょっぱいです。成分が酸化してるのかな。目に入ると痛かったです。成分濃い。

熱い湯とぬるい湯があって、ぬるい方は永遠と入っていられそうな位、気持ちよかったです。
熱い方もまさに湯に入っている!という実感があり、家に湯船がない僕は嬉しかったです。

で、湯から出るとこちらの休憩ルーム

温泉に入る前にも通った場所ですが、落ち着いて見るとすごく雰囲気良い!
綺麗でおしゃれで明るいわりにはまぶしくなくて、ここもコーヒーなんか出てきたら半日いられる気がします!まじでそんじょそこらのカフェよりよっぽど落ち着きます。

鏡もほら、こんなに良い感じ。

夏にはプールもどうぞ。冷泉だそう。

で、こちらが、水着着用の混浴温泉。

 

2Fのテラスもオシャレ。

雨降っていなければここでまったりするのも楽しそう。

ということで、大満足でした。

旧金山総督温泉への行き方

さて、旧金山温泉ですが、車以外の行き方は1択です。

台北から1815のバスで近くまで。
台北駅市政府駅から出ています。20分に1本で時刻表はなし。

僕らは市政府駅から行きました。

通常1時間半くらいかかる様ですが、今回は行きも帰りも1時間ジャストでした。


金山駅(金山郵便局前)で降りるとこんな感じ。


一つ目の角を曲がってひたすらまっすぐ。10分程度で到着します。

ついでに楽しめるところ

途中に老街があったので、帰りに寄り道しました。

うん、まさに「老街」です。。金包里老街というそうです。


どこもかしこも、イモばっかり売っています。

途中、生ではなく焼き芋を売っているところがあったので挑戦しました。


紫芋の焼き芋初体験!
普通に美味しかったです。

まとめ

ふっつーに楽しかったです。

そこそこ人が少ないのもグッドポイント。ちょっと交通の便が悪いというイメージがありましたが、1時間ちょっとと意外とすぐ着くので、烏来へ行くよりも便利かも。午後1時集合で帰りは7時くらいでした。

午前出発だったらテレサテンの墓参りとか、野柳もついでに観光できそうです。

 

今回お付き合いいただいたharuoさん (@uchidaharuo)、ありがとうございました!

前回初めてお会いした時に「えー温泉好きなんですかー、今度一緒に行きましょうよー」って軽いノリで話をしていたのに、社交辞令ではなく本当に付き合ってくれました。嬉しいなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする