[台北観光]台北で100年前に撮られた写真と同じ場所に行って、同じ角度で見比べた結果…!?

公開日:2020年2月10日
Pocket

台湾にある総統府
台湾にある総統府

はいどうも、台北で散歩する人です、こんにちは。

 

台北には昔の建物が結構多く残っています。

 

以前こんな写真をツイッターにあげたところ、多くの反響をいただきました。

そこで、興味が抑えきれずに同様の意匠を収集したところ、めちゃくちゃ面白いということがわかりました。

 

今回は台北100年の今昔比較を10枚×2枚の写真で見ていきたいと思います。




台北で「昔の写真と同じ場所・同じ角度」の写真を撮ってみた!

中華民国監察院

中華民国監察院中華民国監察院

まずはこちら!中華民国の監察院。

 

どうですか、角度とか画角とか頑張りました!

タイムスリップな感じ出てるかな…!?

 

昔は台北州庁として使用されていました。

煉瓦造りがそのままでめちゃくちゃカッコいいです!!

場所はMRT善導寺駅のシェラトン横にあり、台北駅からも歩いていけます。

 

こんな感じでどんどん見ていきますよ!

 

中華民国監察院

住所:台北市中正區忠孝東路一段2號

西門町紅楼

西門町紅楼西門紅楼

次にみんな大好き西門町の紅楼です。

 

西門の駅を出てすぐのところにあるし、有名なので皆さんご存知ですね!

最近リニューされていますが、姿形は昔のまま!

 

当時は公設市場で、戦後は映画館になっていました。

今はカフェやショップ、劇場となっています。

 

紅楼

住所:台北市萬華區成都路10號

北門

北門北門

西門の次には北門。

 

台北には門が何箇所ありますが、当時からの原型をとどめているのは北門だけ

もちろん改修はされていますが、本当にそのまんまですね!

 

1895年に日本が台湾進出した時は、ここから「開城」されたので、ここから入城したんですよ。その門が現存しているってロマンがすげえ!!!

 

北門

住所:台北市中正區忠孝西路一段

台大医院

台大医院台大医院

ちょっと離れて、二二八和平記念公園の横にある台大医院

 

当時は台北帝国大学付属病院でしたが、いまは台湾大学医学部附設病院となっています。

ここも赤煉瓦がカッコいい

マジでそのまんま残ってるんですね

 

台大医院

住所:台北市中正區常德街1號

台湾博物館

台湾博物館 台湾博物館

先日の「台北駅から徒歩でいける観光スポット」でも取り上げた国立台湾博物館

 

いつ見てもイカしています。当時は電線が目立ってたんですね。

いまは博物館になっています。

 

国立台湾博物館

住所;台北市中正區襄陽路2號

土銀展示館

土銀展示館土銀展示館

国立台湾博物館と同様に先日も「台北駅から徒歩でいける観光スポット」の土銀展示館。

 

当時は国立博物館以上に電線まみれ!!

当時は勧業銀行台北支店でした。いまは博物館です。

たった30元で中に入れるので、行ったことない人はぜひ。

 

土銀展示館

住所:台北市中正區襄陽路25號

北門郵便局

北門郵便局北門郵便局

北門に戻ってきて、その向かいにあるのが北門郵便局。

 

写真では北門のプロジェクトマッピングが反射しちゃってる…

入り口のところを改築しているので近いうちにまた綺麗になりますね!

 

当時は台北郵便局で、いまも郵便局です。

 

北門郵便局

住所:台北市中正區忠孝西路一段120號

二二八記念館

二二八記念館二二八記念館

二二八和平記念公園の中にある二二八記念館

 

ちょっと木がめっちゃ生えてるのであまり面影がみえづらいかも。

 

当時は台湾放送協会台北支局庁舎でした。

今は二二八事件の資料展示館となっています。

増築されて大きくなっています。

 

二二八記念館

住所:台北市中正區凱達格蘭大道3號

中山堂

中山堂 中山堂

中華路を挟んで西門の反対側にある中山堂。

当時は台北公会堂として作られていましたが、戦後は中山堂として演劇や展示会などの会場となっています。

台湾鉄道の地方の駅みたいに「中山堂」って貼られちゃってます。

 

 

中山堂

住所:台北市中正區延平南路98號

博愛路の台北カメラ街

博愛路の台北カメラ街 博愛路の台北カメラ街

北門郵便局の横を通っている博愛路にあるのが台北カメラ街。

 

当時の区画のまま使われているので雰囲気がそのまま!!

 

台北カメラ街

住所:台北市中正區博愛路

おまけ1:愛国路

愛国路愛国路

最後におまけです。

 

城壁を崩して作られた大きな路である愛国路

旧台北府城の南側の城壁跡です。

 

写真ではなんとなく雰囲気は寄せられましたが、いかんせん道のど真ん中なのでうまく写真撮れませんでした。

しかも古い写真は奥に南門(?)が見えているので、場所的にも違うかも。

 

場所:愛国路

おまけ2:台湾タバコ&ビール社本社

台湾タバコ&ビール社本社台湾タバコ&ビール社本社

最後の最後に台湾タバコ&ビール社本社。

 

結構マニアックな場所にあるんですけど、この建物もイケてます!

当時は台湾総督府が販売を一般に制限していたものをここで管理していました。

戦後も引き続き政府専売品を扱っていましたが、今はタバコとビールの会社の本社となっています。そう、あの台湾ビール売ってる会社の本社。あとはあのカップラーメンとか。

 

おまけの理由は、実はこれ左右反転させているからです。

写真撮っていたら近くにいた憲兵みたいな人に職質されました。

つーか、よく見たらパトカーとかいっぱい止まってるし物々しい雰囲気。

なんかあったのかなと思っていたのですが、後で聞いたらこの横、総統官邸なんですって。

知らなかった!

 

ということで、「あそこからなら撮っていいよ」と言われたところで撮ったため、アングルも雑だし、しかも左右反転の偽画像です。

 

台湾タバコ&ビール社本社

住所:台北市中正區南昌路一段4號

台北で「昔の写真と同じ場所・同じ角度」の写真を撮ったまとめ

さて今回の試み、めっちゃ面白かったです。

 

ところでこの古い写真どこで手に入れたのか。

 

実は、マップ常に古い写真を表示してくれる便利なアプリがあるんですよ。

台北歴史地図(iOS)
台北歴史地図

しかも日本語対応で無料。

台北歴史地図(iOS)

台北歴史地図(android)

台北来る人は使ってみてくださーい。

今回使用した写真は全てこちらから引用しています。

アプリ使うとちょっとした説明も見られますよ。

 

で、日本統治時代の建物をさらに詳しく知りたい人は片倉さんの本をどうぞ。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする