台北の二階建て観光バス、ルート・料金・乗り場をご紹介

最終更新日

台北の街中を歩いていると、よく2階建の赤い観光バスを見かけませんか?

あれはオープントップバスと呼ばれ、2017年から導入されました。

僕も台北駅付近でよく見かけるので気になっていました。

今回ようやく重い腰をあげて乗って来ましたので、紹介します!!

↓インスタなので、クリックすると赤線の動画が見られます!

オープントップバスとは

・台北市内を走る観光バス

紅線(レッドライン)藍線(ブルーライン)の2ルートがあります

紅線ルート:台北駅→西門町→台北101→台北駅

所要時間60分

藍線ルート:台北駅→西門町→士林→呼吸→士林→台北駅

所要時間90分

それぞれ40分に1本ずつ

紅線は台北101方向へ

台北駅を出発、西門町を経由して総統府、信義路に入ります。

中正紀念堂を通り、台北101の方へ。

台北101を通り過ぎて台北駅へ戻ります。

台北駅→台北101は信義路を通りましたが、帰りは忠孝路を通ります。

つまり、MRTの板南線と全く同じルートですね。

市政府駅から台北駅まで一直線です。

この動画は、信義路を台北101に向かう様子です。

台北101がどんどん大きくなっていくのが面白いです。

藍線は故宮博物院方向へ

台北駅を出発、西門町を経由して総統府へ。ここまでは紅線と同じです。

そこから中山路をひたすら北上、圓山大飯店がかっこいいです。

昼間の士林夜市を通り、故宮博物院へ。

P1210193
↑故宮博物院はこんな感じ。

故宮博物院を折り返すと、帰りは全く同じルート(総督府・西門町は通らず)で台北駅へ。

乗り方

基本的には普通のバスと同じなので、停留所で手を上げて乗ります。

このバスは他のバスと違い、時刻表があるので分かりやすいです。

乗った後は添乗員さんからチケットを購入します。

料金

チケットはフリーパスしかありません。

一番安いチケットで4時間300元

4時間あれば寄り道込みで紅線と藍線の全区間体験できます。

注意点

昼間はめちゃくちゃ暑いです。

霧噴射装置が装備されているのでなんとなく大丈夫そうですが、

全然ダメです。

夏場に乗るのなら冷房の効いている1Fか、2F前方をおすすめ。

おすすめの乗り方

どちらの線も台北駅発で台北駅終点なので、

山手線のようにぐるぐる回っているのかと思っていましたが、しっかり台北駅で下されました。

それぞれのおすすめの乗り方を紹介します!

また、紅線1周後→藍線とタイミングよく乗ることもできます。

紅線は台北駅乗車で1周ノンストップ!

移動で使うというより、
まったり市内一周するために乗ればいいと思います。

どこかに立ち寄りたければ、普通にMRTで行けるようなところばかりですし(笑

約1時間ですので丁度いいと思います。

藍線は故宮博物院で下車、途中からMRTで!

藍線は紅線と比べて距離が長く、乗車時間も長いです。

90分ぶっ通しで乗るのはそれなりに辛く、往復で同じ道を通ります。

普段アクセスの悪い故宮博物院で下車し、40分ぶらぶらして次のバスを待ち、
その後、士林で下車し、MRTで帰る(もしくは別の観光地を回る)といいと思います

よく考えたら、故宮博物院→士林駅は他のバスも走っているので、必ずしもこれに乗る必要ないですね。時間内であれば無料で乗れますが、故宮博物院でこのバスを待ちたくなければ普通のバスに乗ってしまってもいいかもしれません。

まとめ:新しい発見も!

忠孝路は普段よく通っていますが、
このバスに乗ってみたら新鮮でした。

このバスは時刻表が設定されているので、
普通のバスのように暴走しません

ゆっくり走るので景色が普段のタクシーや路線バスとは違います。

また、2階から見る景色はやはり視点が高いので遠くまで見渡せ雰囲気が違います。

例えば、国父記念館から忠孝復興のあたりまで雰囲気が分かります。

普段MRTを利用していると、
駅と駅が点と点でしかないので、このように線で繋がったのが新鮮だったのです

もちろん一駅程度であれば普段から歩いていたりしますが、

ゆっくりと市政府から台北駅まで忠孝路を走る。

なかなか
オツな体験でした。

日本語対応している台湾のサイトで割引前売券が販売されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする