台北駅近くで衝撃の店長がいる店の香港料理を喰らう〈御珍軒港式飲茶〉

Pocket

駅前のシーザーパーク

はいどうも、台湾の香港飲茶は侮れないと思っている人です、こんにちは。

「台湾は日本料理多いからいいよね」

なんて言われるんですが、これはちょっと誤解なんですよ。
確かに日本料理は多くて、食べようと思えばいつでも食べられるんですが、それは台湾ナイズされた日本料理のことなんです。僕ら日本育ちの人間が食べたいなーって日本料理になると、ないことはないんですが、やっぱり高いんですよね。
以前上海に住んでいた時は、中華も日本食も微妙だったので、妻とは韓国料理と香港料理ばかり食べていました。
台湾ではなんとかなっているのですが、偶然友人から誘われたのが今回の香港料理。期待を裏切らない食べやすさ、コストパフォーマンスの良さがいい感じでした。




台北駅近くの御珍軒港式飲茶はとにかく口に合う

料理はこんな感じ。これ全部で2000元ちょっとです。
友人夫婦と僕ら夫婦の四人組です。コースではなく全て単品。
これ地味にすごいんですよ。骨がない。
普通の香港料理屋で出てくるやつは骨いっぱいで食べづらいんですよ。
でもここのは丸ごと食べられるんです。
最高。


ねー、全部美味しそうでしょう。
しかも写真で味が想像できる安心感(笑



けっこうきれいめで、美味しいのに、フロアが広いのであまり混んでる感じしません。


ホテルの中にあります。

御珍軒港式飲茶の店長は名物な人物!

あと、ここは外国人好きなラオバンからもれなく「写真撮ろうぜ!」と誘われます。
強烈な個性でしょう?(笑)

台北駅の下にある「台北地下街」の一番近い出口から5分くらい。

 

オススメ。

2018.7.15 また行ってきた

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする