妻が実家に帰りました

最終更新日

Pocket

僕の奥さんはとてもわがままなんです。
だから、僕はちょっと怖いです。
最初はこんなじゃなかったと思います。
つきあってた頃は、すごくかわいくて。
こんなにきれいな人が僕とつきあってくれるなんて不思議だと、僕は思っていました。
ありがたいと思ってました。

 

これは、ある小説の冒頭。

 

その小説のラストシーンは、北海道の「熊温泉」に妻と友人が旅行。
本当に熊が出て大騒ぎ。
ご主人はテレビで中継を見ている。

普段から嫁がヤバくてマジで離婚したい。

そんななかようやく妻が旅行に行って一人解放気分。
ふとテレビを見たら妻が熊に襲われたかもしれないと報道。
気が動転して涙が止まらない。

そんなシーン。

 

つい先日、妻が台湾に帰った。
友人の結婚式の一時帰国で、二週間後にはもう日本に戻ってくるんだけれども。

解放された!と喜んだ。
だけれども、妻の乗った飛行機が墜ちたりしたらどうしようかなとも思った。
さっきの小説のラストシーンと全く同じだと思った。

 

そういえば僕が台湾から日本に戻ったのは2年前。

妻の都合がつかなかったので、まずは僕だけで帰国した。
かなり仲が良いある友人ですら、僕の帰国の理由を遠慮して訊けなかったらしい。
こんな話を後から聞いて大笑いした。
彼は僕らが離婚したから、もしくは不仲が高じて帰国したのではないかと心配していたらしい。

 

たしかに僕は周囲にウチの台湾妻はマジでやばいと吹聴していた。
実際にやばい。妻のヤバいところの目撃談も多い。
詳しくはツイッターで #ウチの台湾妻 で検索してね。

 

 

ただねえ、これは面白おかしく話をするのが半分。
マジで勘弁してほしいクソクレイジー!と思ってるのが半分。

 

 

こんなの、みんなわかってるもんだと思っていたけど、必ずしもそうでないらしい。

 

だから、たまに言われるのよね。
「だったら離婚したらいいじゃん」って。

 

分かってないなあ。

 

分かりたいならこの小説を是非読んでみて。
本当に僕と妻のようです。

 

レビューとかみて見ても面白い、結構特殊なんだね笑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする