台湾企業のボーナスに関する法律<労働基準法29条>

最終更新日

昨日までやたら暑くて夏になったら一体どうなるんだと思っていたけれども、今日になってまた涼しくなって軽く嬉しい台湾に住んでいる台湾で牛肉麺を喰らう人です、こんにちは。

以前「台湾企業の時価総額ランキング」を調べたら勉強になったので、台湾企業研究シリーズです。

ブログ的には全く読まれないんですけど、楽しいし勉強になるので、気が向いたらまとめています。


さて、台湾労働基準法では「過失のなかった労働者に対して、賞与を支給し、または利益の分配をしなければならない」と定められています。

第 29 条 (優秀な労働者に対する賞与の支給または利益の分配)
事業単位は、事業年度終了の決算で利益があった場合には、租税を納付し、欠損を
補填し、株式利息を計上して、準備金を積み立てるほか一年間継続勤務して過失の
なかった労働者に対して、賞与を支給し、または利益の分配をしなければならない。

ー公益財団法人国際労働財団

日本にはない法律なので面白いですが、要するに「儲かったら従業員にボーナス配りなさいよ」ということが法律で決まっているんですね。

日本人からすると羨ましいカンジがしますが、実はその配分の額や割合は決まっていません。

各企業が自由に決められます。

その配分や額は会社の定款に明記されているので、それを一社一社調べてみました。

結果はバラバラ

TSMC:1%以上 (台湾最大の企業)
http://www.tsmc.com/download/ir/majorInternalPolicies/Article_of_Incorporation_c.pdf

ホンハイ精密:5~7% (シャープ買収)
http://www.foxconn.com.tw/Files/rule/01.pdf

富邦銀行:1~5% (台湾大手銀行)
https://www.fubon.com/banking/document/about/FBB_governance/TW/01tp_info.PDF

中国信託銀行:0.05% (台湾大手銀行)
https://www.ctbcbank.com/tw/html/miscellaneous/COM/Constitution.pdf

エバー航空:1%以上 (台湾大手航空会社)
http://www.evaair.com/images/zhtw/evaair-introduction-zh-20150807_tcm27-4094.pdf

チャイナエアライン:3% (台湾大手航空会社)
https://www.china-airlines.com/tw/zh/Images/01_公司章程_tcm40-17200.pdf

中華電信:2~5% (台湾大手通信会社)
http://www.cht.com.tw/aboutus/upload/content/rule_01_C.pdf

台灣大哥大:1~3% (台湾大手通信会社)
https://corp.taiwanmobile.com/img/investor-relations/custom/Article_of_Incorporation.pdf


中国信託銀行が圧倒的に低いですが、キャセイユナイテッド銀行もこの割合だったので金融としてはそんな感じなのかな?

そもそも金融業は平均給与が高いからこれでいいのかも。その他結構調べましたが1%~5%の範囲が多い印象です。OEM製造大手のペガトロンは飛びぬけてますね。

あと、バリバリ儲かっている時価総額・利益ともに不動のナンバーワンのTSMC。

利益ボーナスは「1%以上」ですが、毎回トンデモナイ金額を配っているそう。

今年は約43000人の従業員に一人あたり、なんと約107万元を年に4回に分けて配るそう。3か月ごとに約100万円もらえるわけですから、本当にとんでもないですね!うらやましい!!

参考:台積電員工分紅 平均1人107.06萬元

ちなみに定款は中国語で「公司章程」です。

これと企業名を同時にググれば、殆どの会社の定款が見つかります。

「会計」や「財務報告」の項目に記載があるので、簡単に調べられます。


ということで、皆様も興味があればお調べになってみたらいかがでしょう?

利益と従業員数がわかれば、一人当たりの平均利益ボーナスも計算できちゃいますね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする