西門のレトロ餐廳の雰囲気が独特で楽しい<東一排骨総店>

最終更新日

この間の夕方、ウチに妻の友人が遊びにきていて、帰りがけに「一緒にご飯食べる?」ということになったので西門でご飯食べました。
そこのレストラン(?)の雰囲気が独特で。「昭和40年代のキャバレーか!?」という内装と雰囲気で、台湾にこんなところあるんだなーと驚いたので写真撮ってきました!



こんな感じ。
テーブルと椅子の雰囲気。テーブルの並び方、配置。独特過ぎやしませんか?昭和40年代のディスコとかこんな感じだった?(僕は生まれてすらいないので妄想だけです)
この感じ。
天井が低い!積まれた段ボールはご愛嬌。
このカウンター(とおばちゃん)の雰囲気よ!
名物排骨飯セット(140元)のご飯部分。
ちょっと気分じゃなかったので妻の注文を写真撮らせてもらっただけ。味は不明。そして肝心の排骨の写真を撮りそびれるというw
僕はこれ。牛腩燴飯。非常台式!
洒落てます…
テーブルの下に箸とか隠されて(?)ます。
1人じゃ絶対見つけられない…

人気店の様です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2件のコメント

  1. Google MAPでお店を見ました!
    入店するには勇気が要りそうです(笑)
    しかし気になります……
    まさに台湾の昭和レトロ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする