北京空港で1円も使わず20時間過ごした話

最終更新日

飛行機の乗り換えで北京空港を使いました。

接続が悪く、20時間の待機!!
航空券購入時は北京観光でもしようかと考えていましたが、北京到着後、気が変わってやはり外には出ないことに。

事前準備もしてないのに、Google検索も地図も使えない場所で観光する気合いがでなかった。。。

そこで、有料ラウンジを渡り歩き、時間を潰せるか挑戦しました!



 

北京空港のラウンジを使い倒す

この間紹介した「プライオリティ・パス」を利用すれば、海外空港の有料休憩ラウンジが使い放題になるので、使い倒して来ました!!

リンク:空港で市価より高いご飯食べるのが本当にイヤだから…

 

食事や電源が無料で提供されている場合がほとんどなので、ラウンジ巡りをすれば20時間は凌げるかな、との考えでした。ついでに一応「有料」ラウンジなので優雅な気分も味わえるかな?というスケベ根性もあり(笑
検索してみると近くに4箇所のラウンジありました。

09

リンク:プライオリティ・パス公式

 

航空会社のラウンジですら利用可能

上記にあるように中国国際航空(エアーチャイナ)のファーストクラスラウンジですら無料で使えます。中国国際航空はANAやエバー航空も所属しているスターアライアンスの航空会社です。しかもここは中国国際空港の本拠地北京空港!!!ということで大いなる期待を胸に向かいました!


…なるほど、なかなかしょぼい(笑

ANAやJALのラウンジと比べるとちょーーっと残念です

ファーストクラスラウンジの食事スペース
「ファーストクラス」にしては微妙ですが、一応食べられました。
北京の燕京ビール。
この牛肉「面」はまぁまぁ!
青島ビール。
飲み物も無料
仮眠室も使えます。中にはベッド。
タイミングがよければ茶も淹れてもらえるみたいです。
ビジネスクラスラウンジにも訪問しました!
中身はファーストクラスラウンジとまるっきり同じでした笑


BGSプレミアラウンジ。ちょっとおしゃれな感じ。トイレには歯ブラシやシャワーもありました。

うどんとおにぎり。(もちろん無料)
肉!朝日ビールはここにしかなかった…


ビジネストラベラーラウンジ。



ここはちょっと微妙すぎて10分の滞在。

この後、BGSプレミアラウンジに戻り、そこでまったりし続けました。

まとめ:20時間くらいなら全然イケる!

そんなこんなで中国国際航空のファーストクラス・ビジネスクラスラウンジとBGSプレミアラウンジをうろうろし続け、ソファでうたた寝しながら過ごしました。スタバもありましたが席はない上に、飲食費用も高いので今回の「ラウンジホッピング」はなかなか良かったです。どちらもWi-Fiも使えて電源が取れ、ソファが柔らかいので、ちょっと高級なネットカフェなイメージで利用できました。もし外に出たらホテル代も発生していたでしょうから、空港から出なくて正解でした。

※よくみたら20時間どころか22時間でした。。

02

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする