叔父が死んだ

最終更新日

「重病」の見舞いをするつもりで買った青森行きの航空券で、線香をあげてきた。


葬儀では、喪主の従兄弟がそのマジメな雰囲気に耐えきれず遂に吹き出してしまい、和尚の読経中にも関わらず参列者がつられて笑っていたそうだ。仲の良く明るい家族で、叔父はまさにその大ボスだった。埼玉の我が家に来た時も、口下手でコミュ症なうちの父と普通に話をしていた。津軽弁がキツくて殆ど何を喋っているかわからないのだけれど、何でも楽しそうに話をする人だった。皆に愛された叔父が、私も大好きだった。遺影に手を合わせ、間に合わなくてゴメンねと言ったが、写真の叔父はただ静かに笑い、返事はなかった。


従兄弟が車を出してくれたので弘前の桜祭りに行った。本当の空はこんな色をしているのかと思うほどの紺碧の背景に満開の桜が映え、それに津軽富士といわれる岩木山の残雪が見事なコラボレーションをしていた。埼玉から来ていた私の母がこの景色にずっとはしゃいでいて、それが妙に印象に残っている。地元青森出身なのに「こんなすごい岩木山は初めて見た」と何度も繰り返していた。カメラを持っていけばよかったと後悔した。


その晩、ちょうど皆で見ていたテレビ番組で「親が死ぬ前にするべき3つのこと」みたいなテーマで松方弘樹のバカ息子が喋っていた。内容は無い様なものだったが、テーマがタイムリーだったので色々と考えてしまった。


帰り際、叔母が「来てくれてありがとう」とポチ袋を渡してくれた。まさか三十路を超えて親戚から小遣いをもらうとは想像していなかったけれども、「わざわざ本州の最北端まで外国から来てくれたことが本当に嬉しかった」らしいと母から聞いた。小遣いをもらっことより、母が私の行いを誇っているらしいことが嬉しかった。


台湾への機内、モニタリングという番組で、成人した娘が母の日に生まれて初めて母へプレゼントをする、という企画を放映していた。「これまで育ててくれてありがとう」的な陳腐な内容ではあったけれども、却ってストレートな表現だったことで「色々と考えて」いた私は、自分でも驚くほどに、ぎゃんぎゃん泣いてしまった。


普段「どうしたらもっと大きな仕事ができるだろう」とか、「この仕事を成功させてストックオプションでアーリーリタイア達成しよう」とか、「妻の機嫌が悪くならないためにはどうすれがいいか」とか下らない煩悩ばかりだけど、ふと、死んだ叔父の孫である従兄弟の子供たちとおいかけっこをしたりして遊んだのを思い出しながら、北野武が言ったという「生まれて・生きて・死ぬ、これだけで人間は大したものだ」は真実なんだろうと心から理解した。


「命を紡いでいく」
きっと、たったこれだけで、人は生きている価値があるのだろう。


母も還暦を過ぎた。あと何回はしゃがせられるかと思っていたら飛行機から岩木山が見えた。一片の雲すらかからないまさに富士の姿だった。その写真をLINEで母に送ったら「あら、綺麗ね」と、返事があった。
18118447_10210943978587089_4055234560556102853_n

18058113_10210943960666641_12377143587597873_n

17990886_10210943978147078_239558600451029462_n

18157007_10210944388717342_7411429114446483651_n

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする