台湾の歴史を10分で知れる場所

最終更新日




西門のちょっとさきに西本願寺というのがあります。
中華路沿いに「台湾歴史四百年沿革」の展示があって、
これがとてつもなく良いです。※台湾って400年しか歴史がないんですねえ

全て写真で撮ってきました。


1624年8月にオランダ人が台湾を占領して築城
1626年スペイン人もやってきた


1661年12月に鄭成功がオランダ人をやっつけて、清への抵抗拠点とする


1683年に清がやってきて、西門・小南門を建てた


1894年 新竹ー台北ー基隆で鉄道開通


1895年4月17日 馬関条約(下関条約)で清国から日本に台湾割譲
1895年5月25日 台湾民主国成立
1895年10月19日 対抗日軍滅亡


1919年 台湾総督府が台湾の政治中心
そのほか今も残る日本統治時代の建築







日本統治時代の地図







台湾七大駅




そして何よりよかったのが最後の展示。
「願世界人類永遠和平」
台湾っていろんな民族に統治されていています。
清国と中華民国の時代が長いので漢民族の土地柄なんでしょうか、それでも独特。
中国人がどうのとか日本人がどうのとか、原住民が、、、ではなく世界平和が最後にくるって、
よくないですか?

「PEACE」のスペルを間違っちゃうあたりも台湾らしくて最高です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする